<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
本日発売

最近は随分とタイアップ曲のリリースが迅速に成ってきた様で、先週末怒涛の第一話がオンエアされた「機動戦士ガンダムOO」のOP曲が本日発売vV

BLOOD+の頃には考えられない速さだよ。当時はその事に相当焦れたもので、新OPが流れた次の週にでもCDの発売があればもっと売れるのにッ!!!!!と此処でぼやいたぐらいだ。そういう面では良い時代に成ったものだ…うん。

因みに、初回限定付録に興味がなかったので、今回はネットで音だけポチッとなッ!した訳だけど、H/Y/D/Eの歌詞がまた良いのよねvVBLOOD+の第2期OPである「SEASON'S CALL」の時にも感じた事だけど、作品の世界観を余す事無く表現する歌詞に、取って付けただけの一曲ではない事が覗えた。



ハジ的に、まさに「身体中を君が駆け巡り溢れそう」な瞬間。。。

| BLOOD+CD&DVD | 21:47 | comments(11) | trackbacks(0)
ど真ん中ッ!
先日発売と成った平井堅のニューシングル「哀歌・エレジー」に、滅びへと一直線だった頃のハジ小夜を重ねて聴いてみたところ、一気にエ○モードにも拍車が掛かった。

 いつか滅び逝くこの身体ならば
 蝕まれたい あなたの愛で


女性視点で描かれる歌詞が溜まりません。

天は男声で女心を切々と歌われるときちゃうタイプなので、今回の「哀歌・エレジー」は直球ど真ん中ッ!!!!!邦画の主題歌と成っている様だが、天にはもうハジ小夜ソングにしか聴こえねぇ―――!!!!!

週末のお絵描きタイムには、きっとエンドレスだなッ!こりゃ♪

とかなんとか打ってたら、今週のMステ…平井堅ゲストじゃなんですかッ?!これはもう録画セットですよッ!今からハジ小夜妄想し捲くりですvV

あんまりなタイトルだったのでちょっと変えてみた。。。

| BLOOD+CD&DVD | 16:27 | comments(10) | trackbacks(0)
BLOOD+最終巻

■本編:Episode-47〜50収録
■映像特典:「inside BLOOD+」
キャストインタビュー(藤咲淳一・喜多村英梨・小西克幸)
■初回生産特典:.好撻轡礇襯屮奪レット「Materials of BLOOD+ 2」
▲咼献絅▲襯屮奪レット「BLOOD+ File 13」封入(寺田克也・箸井地図描き下ろしイラスト掲載)
F胆愁好謄奪ー封入
ぅ瓮織螢奪ジャケット仕様



■Episode-47「すべての血を超えて」

脚本:吉田玲子 絵コンテ:隆一郎 演出:高島大輔 作画監督:大久保 徹・山本善哉


■Episode-48「摩天楼オペラ」

脚本:菅正太郎 絵コンテ:雲井一夢 演出:イトガシンタロー 作画監督:小谷杏子・宮前真一


■Episode-49「二人の女王」

脚本:砂山蔵澄 絵コンテ:山内重保 演出:山内重保 作画監督:石井明治・福島豊明・飯田宏義 作監協力:山本善哉・小谷杏子


■Episode-50「ナンクルナイサ」

脚本:藤咲淳一 絵コンテ:松本淳 演出:松本淳 作画監督:石井明治・小村方宏治

■INSIDE BLOOD+
昨年の暮れに記念すべき第一巻が発売されてからというもの、毎月25日前後に密林から我家に届けられたBLOOD+のDVDも今月遂に最終巻を迎えた。

初回限定版のお楽しみと言えば、寺田氏の迫力ある翼手画と、その巻の名場面を綴った箸井氏の描き下ろしイラストが掲載された「BLOOD+ FILE」。そして、忘れて成らないのが、BLOOD+の魅力あるキャラクター達に、活き活きとした生命を吹き込んで下さった多彩な声優陣の皆様が登場する映像特典のキャストインタビュー「INSIDE BLOOD+」。

と言う訳で、今回でラストと成るキャストインタビューは、我等がハジ小夜コンビの中の人、キタエリこと喜多村英梨ちゃんとコニタンこと小西克幸氏、そして本編の監督であり、天の心に今尚残る数々の名エピソードの脚本も手掛けられた藤咲淳一監督を交えての対談形式。

BLOOD+という作品の核と成ったメンバーの集結に、観る前から過去のトラウマの影響か?動悸息切れが異様に激しかった訳だが、いざ蓋を開けてみれば「あら、ビックリ!」の爽快感を得られた内容だった。

■最終話、ハジの言葉

「過去に囚われたハジをなんとか向こう側へ行かしてやりたかった」

その想い、聞けただけでも十分ですよ監督ッ!!!!!(号泣)ハジが過去の男だとか、影だとか、空気だとか言われて来た事も、すべてこの一言で水に流せます。これこそ天が今まで聞きたくてしょうがなかった言葉のひとつでした。

「『愛しています』だけだとこのまま終わるなって気がして、もう大丈夫ですという意味を込めて『ナンクルナイサ』を言わせた」

試行錯誤の末に決まった「ナンクルナイサ」というハジの台詞。その破壊力はリアルタイムで体験したが、何度もリプレイしていく内に違和感も消え、今では「貴女を愛しています」までの流れにちゃんと乗っているから不思議。

■演じきったハジへの想い

「小夜と出会って事件が起こるまで過ごして来たハジが一番素敵なんじゃないかな?『小夜もその時の小夜に戻れば良いな』とハジは思っていたと思いますけど、僕はそんな彼を見ながら『君もあの時の君に戻れば良いのにね』と思っていた」

これには天も大いにウケたッ!!!!!確かに動物園時代の彼等は、きっと朝から晩まで「うふふあはは」で、その上大人の階段一歩前なんかだったりして、毎日がドキドキだったに違いない。←今夜も妄想ぶっちぎり!

30年後設定で続編が出来た暁には、そんなハジを思いっ切りエ○く演じて下さいとお願いしたい気持ちで一杯に成りました。

アッと言う間の映像特典でしたが、流石は最終巻のキャストインタビューという内容で、そこはかとなく次回作への煽りもあったり、まだ終わりじゃないんだよッ!と言って貰えた様な気がして、まだまだBLOOD+を追い足りない天は、その事がとても嬉しかったです。

ハジ小夜で続編が拝めるなら、水だけ

じゃなく肥料だって惜しまないわよッ!


とネットの片隅で文字を大にして叫んで置きます。
| BLOOD+CD&DVD | 18:00 | comments(4) | trackbacks(0)
MATERIALS OF BLOOD+2


一晩お預け喰らったBLOOD+最終巻が、乙女雑誌ゲットに奔走している隙に、天と入れ違いで我家に到着vV

息つく間もない萌え攻撃に、うっかり

瞬殺されそぉ―――!!!!!


という訳で、先ずは「Materials of BLOOD+2」の感想から逝ってみよう!

■COVER ILLUSTRATIONS
表紙を飾ったハジの勇姿は、広告に偽りなしの力強く美しい…まさに美ハジ画像でしたッ!!!!!胸の辺りにでっかい穴開いてるけど、そんなところは痘痕も笑窪。キリリと敵を見据えた瞳に、天の気持ちもグッと引き込まれた。

■ILLUSTRATIONS
逸る気持ちを抑えて頁を捲れば、萌え要素を満載した版権画が盛り沢山♪一度は目にした事のあるものから、えッ?コレ見た事ないッ!と見入ったものまで締めて39点。中でも「月刊アニメディア3月号付録」の萌え度はなにッ?!シャツがもうちょっと大きかったら、ハジのシャツ?彼シャツなのかッ?!そんでもって手に持つそれは夜明けの珈琲かよッ?!とツッコミ入れるところでしたね。因みに天の一番のお気に入りは、「月刊アニメージュ7月号」のハジ小夜in倫敦vVこの身長差が溜まらなくツボだッ!!!!!

■SETTINGS
キャラクター設定、メカ・小物設定、背景設定と、大きく三つに分けられ公開された設定資料は、どれもこれも緻密且つ繊細な仕上がりで、中でも天が大絶賛して止まない背景設定は、最低でもこの3倍の大きさで観たかった。そして、今回何より興味を惹いたのが、随所に散りばめられた監督のコメント。仔ハジ衣装のスタイリストが実はアンシェルだったとか、ハジの翼候補には蝙蝠と鴉の羽根が競っていたとか、アンシェルに身体検査されちゃった仔ハジとか…天はこんな裏話を待っていたんだよッ!!!!!

■DIRECTOR INTERVIEW
最終巻だからこそ語れる製作段階の試行錯誤や、作品に対する監督自身の想いがストレートに感じ取れ、今回のインタビューは今まで様々な雑誌で読んで来たどの記事よりも面白かった。

■COLOPHON
DON'T FORGET BLOOD+ FOREVERと記された頁には、小夜が眠りにつく寸前まで手にしていた家族写真とそれを拾い上げたカイの手。濃紺のリボンが片結びされたピンクの薔薇を見詰める双子達の影。そしてそして、メルマガ情報にあった「あの画像」とは、やっぱり「この画像」だったのねッ!!!!!最終回のエンドカードでもあるハジ小夜ラヴラヴカットを此処に持って来るとはッ!!!!!感激の余り、涙で前が見えませぬぅ〜。

ありがとう!I.G…其処にハジ小夜が

ある限り、天は今後もBLOOD+を追

っ掛けますよッ!!!!!
| BLOOD+CD&DVD | 00:00 | comments(8) | trackbacks(0)
最終巻発売直前情報


週末のお楽しみであるメルマガに、今週もDVD最終巻発売直前情報として様々ネタが掲載されてありました。その中でも天が小躍りしたのがコレ↓

表紙はラストバトル時のハジ?!

ベトナム暴走時の小夜が表紙だった「Materials of BLOOD+1」の対と成る「Materials of BLOOD+2」は、翼を大きく広げた力強くも美しいハジの姿を線画に起こした画像だとかッ?!

力強くも美しいハジ…萌えッ!!!!!
read more...
| BLOOD+CD&DVD | 14:14 | comments(21) | trackbacks(0)
BLOOD+12
密林から発送メールを受け取ってからというもの、今か?今かッ?!と到着を心待ちにしていたDVDが、今夜無事に我家へやって来たvV

Episode-43「こころ乱れて」
Episode-44「光の中に」
Episode-45「手のひらを太陽に」
Episode-46「あした天気になあれ」


今回の「inside BLOOD+」は、ハジ小夜の中の人・キタエリとコニタンのインタビュー。

ハジの中の人はネイサンがお気に入りッ?!

小西氏曰く、ハジと小夜を除くと一番好きなキャラはネイサンに成るらしい。彼のミステリアスな部分に惹かれるとの事だが、自キャラであるハジも十二分にその部分を醸し出していると思うんだけどねッ!

Episode-43「こころ乱れて」











Episode-46「あした天気になあれ」



「約束して欲しいの。私がすべてを終わらせたら…」



「あなたの手で…私を殺して」
「…小夜」




「あなただけしかいないの」
「……………」








「誓います。最期の日が来るまで、私は貴女を守ります。そして…貴女が死を望むのであれば、私はこの手で…貴女の明日を奪いましょう」

小夜とハジが交わした約束の内容は、Episode-17「約束おぼえてる」で大体の予測がついて居たにも関わらず、言葉と成った瞬間の衝撃は事の外大きかった。たとえ我が身が如何成ろうとも守り抜きたいと願う想人に、「私を殺して」と頼まれるハジの気持ちを思うと、遣り切れなさに涙がこぼれて仕方がなかったEpisode-46「あした天気になあれ」だが、その辛い約束があったからこそ、最終回での「生きて…生きて下さい」とのハジの台詞が活きて来る訳で、やはりBLOOD+は天の中でハジと小夜の約束に纏わる物語であったと再確認した秋の宵。

毎月密林からやって来ていたBLOOD+のDVDも、次回で遂に最終巻か…待ち遠しい半面、その日が来て欲しくない様な微妙な気持ちだ。
| BLOOD+CD&DVD | 22:11 | comments(12) | trackbacks(0)
BLOOD+ COMPLETE BEST
フラゲの甘い誘惑に打ち克ち、遂にこの日を迎えましたよぉ―――!!!!!

BLOOD+ COMPLETE BESTBLOOD+11が、その他関連書籍と同梱でやって来ましたvV


お目出度い引出物をありがとうッ!

メタリックジャケット仕様のスペシャルボックスは、石井総作監の描き下ろし新作ハジ小夜vVこのイラスト自体は、既に告知サイトで閲覧済だったが、ウェブで観るのとはまた違った感動を与えてくれた。何よりハジが、ハジがイケハジで、キリリとした涼しい眼差しに、彼への愛を再確認したよッ!!!!!

そして、CD&DVDを収納するデジパックは、第3期OPを手掛けた塩谷直義氏が担当され、CDは眠る小夜とディーヴァ、DVDには小夜と本編で彼女を取り巻いた3人(ハジ・ソロモン・カイかな?)の男達が描かれていた。

CD&DVDに関しては、先行萌え語り済の為、BLOOD+ COMPLETE BESTの特典中の特典とも言えるブックレットについて語ってみよう。

TEXT・MUSIC・CREDITの3つから構成される冊子は80頁。全50話のあらすじに始まり、歌詞に添えられたオープニングアニメーションカットの数々、そして、本作品の為に曲や歌を提供して下さったアーティストの皆様からのメッセージ等、冊子内容も実に充実していたが、何より天の心を掴んで離さなかったのは、すべてのエンディングアニメーションで使用された箸井地図氏のイラスト。今回は特別にフレームからアウトしてしまった部分まで、フルサイズで掲載という太っ腹企画。これには本当に感謝したい。

贅沢を言えば、もっと大きなサイズ

で見たかったぞぉ―――!!!!!


10月28日未明、情報通なyukichanからのご報告を受け、早速密林へGO!!!!!そしてスペシャルストア内にBLOOD+ストアの存在を確認。

SEASON`S CALLの藤咲監督コメントに、天は初めて監督と気が合った様な気がしました。(爆)
| BLOOD+CD&DVD | 15:30 | comments(28) | trackbacks(0)
BLOOD+ ED部門1
天が勝手に選ぶED部門1

第3期ED:アンジェラ・アキ:「This Love」





これはハジ小夜派として、絶対に外せない一曲。「This Love」の初回生産限定盤には、三大特典としてBLOOD+プレミア・ストーリーDVD(これまでふたりが辿ってきた物語にフォーカスをあて、編集したプレミア・ストーリー)⊂夜とハジの描き下ろしデカラベル・ステッカーアンジェラ・アキの歌う「This Love」ミュージック・ビデオが付いて来た―――!!!!!
因みに、天の家には初回生産限定盤が二枚ある。一枚は視聴する為に開封済だが、もう一枚は未開封の侭保管。密林で頼んだは良いが到着が待ち切れず、発売前夜にリアルショップで購入した訳だが、今でもその件について全く後悔はない。
そして、天が「This Love」をED部門1にと推す理由には、箸井地図氏に因るところがとても大きい。決して平坦な道程ではなかったハジと小夜の恋物語を、最後まで一話も欠かさず見届ける事が出来たのは、ふたりでひとつの星を見上げるネ申映像のお陰と言っても過言ではない。この一枚こそ天にとっての一番星だったと今でも思う。箸井氏には幾ら感謝してもし足りない気持ちで一杯ですvV






因みに、天が選ぶED部門2はK:「Brand New Map」。3は元ちとせ:「語り継ぐこと」。4は中島美嘉:「CRY NO MORE」と決定ッ!
| BLOOD+CD&DVD | 11:11 | comments(12) | trackbacks(0)
BLOOD+ OP部門1


今月25日にリリースが予定されているBLOOD+ COMPLETE BESTの発売を、今か今かと待ち侘びる今日この頃。黙って待っていても焦れる一方なので、BLOOD+の魅力がギュッと詰ったOP&EDついて語ってみようと思う。

天が勝手に選ぶOP部門1

第2期OP:HYDE「SEASON'S CALL」












赤いアイテムの中に突如現れる青い空。そして時の流れ描く夜空と続き、バラバラに砕けたタイトルが再生し行く様等、意味深なカットが流れるイントロ部分。萌え画像も満載だった第二期OPは、そんな冒頭部分から天のテンションも上がり捲くりだッ!!!!!





中身より数段お色気度も高かったOP画像だが、彼女の独特な雰囲気は「普通の女子高生」として描かれる部分が多かった本編より天の心を鷲摑みvV余談だが、小夜に関しては貧○萌えな天のツボにも、大嵌りだった事を此処で自白しておこう。





夏と冬という対照的な季節をバックに、ゆっくりと顔を上げるハジ。キャッツアイの様な瞳が、何時ものアイスブルーから銀色と成っている事に、コレもナニかの伏線かッ?!とドキワクしたのも、今では良い想い出です。兎にも角にも、スノーボールのガラスに歪んで映るハジの口元の微妙な変化に萌えたぁ―――!!!!!







「How many cut should I repeat?」

ハジと小夜が交互に口ずさむ歌詞の意味が、其々の背負う運命を表し、その事からも取って付けただけの一曲ではない事が覗える。そんなところも天が「SEASON'S CALL」を1にと推す理由だったりする。







「How many fates should I accept?」

孔雀ハジキタ―――!!!!!初めてオンエアされた時、彼の脇腹に視線が一点集中ッ?!羽根が邪魔だッ!とかなんとか邪な煩悩が沸き起こった事は言うまでもない。そして、赤い花弁舞う中、瞳を伏せ「How many fates should I accept?」と口ずさむハジに強烈な色気を感じ、人に在らざる右手でディフォルトな左手を覆う様には、手フェチ魂が激しく揺さ振られた。留めは、何処かの屋敷より歩みだすハジに、本編とは明後日な方向に暴走した妄想が膨らみ、バックの人影はハジの血族ではないかッ?!と、彼の出生の秘密が明かされるまで思い込んでいた過去あり。



ソロモンは兎も角、アンシェルサイドは何度並び変えても濃いわねッ!!!!!だがしかし、此処にカールが居ない事が、天には堪らなく残念だった。第三期で復活したけどねッ!



翼手の群れをお色気で悩殺ッ?!なディーヴァと、野生的なボディラインに目が釘付けッ!な小夜。男性の描かれる二人の女王は、とても肉感的で目のやり場に正直困ります。特にディーヴァたん…彼女のスリーサイズがマジで知りたい♪



天に舞う不死鳥を見上げる小夜。不死鳥がハジなのか?それとも、小夜自身の本当の姿がアレなのか?オンエア当時は天も相当夢見ていた。結局、ハジは初期設定のクロイツバサを引き継ぎ、小夜自身は翼手化すらしなかった訳だが、彼等の生命の在り方を喩えたとするなら、これ以上にない表現だったと思う。



白いドレスに街角の風景を映し、胸に手をやる小夜の姿は、慈愛に満ちた仏像の様なイメージがある…や、何となくだけど。





ピンクのエプロン姿で店を手伝う小夜。ベース脇を駆け抜ける小夜。香里とヘンテコなダンスをする小夜。一家団欒を楽しむ小夜。此処で特記したいのは、路上パフォーマンスにギャラリーがいた事。それも正々堂々と真正面の特等席を陣取り、じっと見詰める視線の主は一匹のわんこ。これはもしやハジの擬態した姿かッ?!だがしかし、疑惑の真相が語られる事は、ただの一度もなかった。







お色気小夜たん1!!!!!天が勢い余って夢にまで見てしまった程の悩殺っぷりをお茶の間に披露しちゃった小夜たん。「狂おしいまでに」でのディーヴァに対抗出来るのは、このお色気映像しかないッ!!!!!(競うところが間違っています)何度観ても表情のエロさに、天の邪な妄想が刺激され辛抱堪りませんッ!!!!!















因みに、天が選ぶOP部門2はUVERworld:「Colors of the Heart」。3は高橋 瞳:「青空のナミダ」。4はジン:「雷音」と成りました。

次回は天が選ぶED部門1でもやってみましょうかね?もうバレバレだと思うけどッ!
| BLOOD+CD&DVD | 17:00 | comments(16) | trackbacks(0)
BLOOD+ COMPLETE BEST
BLOOD+の放送が終わり早13日目。新番組に萌えを求めても、半日で萎えてしまう虚弱萌えな日々を送っていた天だったが、本日付で更新された公式に、10月25日発売の「BLOOD+ COMPLETE BEST」の特設サイトがオープンしたとの情報がッ?! これはもしや、メルマガ情報にあったジャケット裏にあるというハジのご尊顔が拝めるかも?と喜び勇んで逝ってみたら…ありましたよッ!サイトのトップに石井総作監のハジ小夜ツーショットがッ!!!!!

愛の引出物画像キタ―――!!!!!

萌えた…たった一枚のハジ小夜画像に萌えれたよッ!!!!!天ってば、もうBLOOD+以外の二次元に対しては不○に成っちゃってたのねッ!!!!!

そんな事、ナニを今更…だけどッ♪(爆)

そして今日やっとアニメージュ10月号の全プレの応募を完了しましたッ!毎度の事ながら、まだやったんかいッ!!!!!と突っ込まれそうな天ですが、それでも人気投票だけは忘れずにちゃんと送っているんですよvV兎にも角にも、明日の関連雑誌早売りが楽しみだッ!!!!!
| BLOOD+CD&DVD | 22:55 | comments(8) | trackbacks(0)
| 1/3PAGES | >>