<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< BLOOD+TIMESLIP19 | main | BLOOD+TIMESLIP21 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
BLOOD+TIMESLIP20
Episode-37「狂おしいまでに」
脚本:菅 正太郎 絵コンテ:鎌倉由実 演出:鎌倉由実 作画監督:小村方宏治


グレイの子供たちの一人、ハヴィアの誕生パーティーが開かれる。小夜は招待されたが、「やはり自分はこの場にいるべきではない」と感じてしまう。心を閉ざす小夜を気遣うカイ、そして一同。そんな中、グレイ宅にカールがコープスコーズを従え、迫りつつあった。小夜への歪んだ愛情が、カールをさらなる狂気へと走らせる。

2007年6月30日追記

「なぁ〜に、アンシェル?」
「連れて参りました」



「その子がそうなの?」
「はい、貴女の血を授けようと思います」



「いいわ…血をあげる(はぁと)」
↑も、この回のアバンはディーヴァたんに力入り捲くりッ!!!!!Episode-49での彼女もお気に入りだが、天はこのショットに萌え狂った。


「でも…その前に」


「あなた…」


「美味しそう」
「ソ、ソロモン!」

↑怯え上擦るカールの声音に萌えッ!!!!!


「怖がらないで…君は選ばれたんだ」


↑何度観ても此処の効果音は絶品ですッ!!!!!音声だけ聞いていると、コレとはまた別の妖しい世界へ軽く飛べます。


かくして愛するディーヴァたんに美味しく頂かれてしまったカールだが、この映像を観る限りでは、特に詳しい説明もないまま連れて来られ、彼女と引き合わされた様に見受けられる。咄嗟にソロモンの名を呼ぶ辺り、彼とはそれなりの交友関係にあった様だが、腹黒狸のアンシェルは兎も角、ソロモンだけは最初からその心算でカールに近付いた訳ではなかったと信じたい。


「その件については此方で処理しよう。後は予定通りに進めて貰いたい」
「如何しました?」



「カールがコープスコーズを持ち出したらしい」
「目的は…小夜、ですね…カールにとって小夜は敵でもあり、ある意味、生き甲斐でもある」
「カールにとって、小夜が生き甲斐であるというのなら、尚の事…奴に小夜は殺せまい?赤い盾は最早脅威ではない…だが、小夜は別だ」
「では、如何します?カールを救出しますか?」



「語る必要はあるまい?」
「また僕なのですね」
「ドイツでは良い仕事をしてくれた」
「兄さんは本当に残酷な人だ」


ハジ小夜的に美味しいか如何かは別にして、天はドイツ編にかなり興味がある。ソロモンの良い仕事っぷりも気に成るが、エヴァに擬態したディーヴァも観てみたいし、時世的にそのまんまじゃ危険極まりないハジのルックスを如何変化させるのかにも興味津々だッ!いっそ金髪碧眼にでも擬態しちゃってよッ!!!!!ドイツ編限定なら箸井女史の初期ハジ(ハジコレ参照)が理想なんだけどなぁ〜vV


「何故あなたが?」
「僕は…」



「僕はカールが羨ましかった…純粋なまま、自分の思い通りに生きて行く彼の姿が…しかしそれは僕の誤解だったんですね」


「彼はただ…孤独だったのです」


「そして、孤立した貴女に同じ想いを見出したのでしょうね」
「私に?」
「けれど…」



「貴女とカールは違っていた、貴女には貴女を見ている仲間達が居る」


「なのに貴女は、自ら望んで孤独を選んだ、貴女の仲間の為に…けれど貴女に言われるまで、カールはその事にすら気付かず…孤独の中で、すべての不都合から目を逸らしている自分に…気付かなかった」


「彼を見ている…僕が居た事にも」


「一週間後、ディーヴァがクリスチーナ島に向かうそうです。僕を信じる信じないは、貴女自身で決めて下さい」
「何故…そんな事を?」
「僕もまた…孤独なのかも知れません」



ファントムを…否、カールを見ていたのは、なにもソロモンだけじゃないぞッ!!!!!斯く言う天もそのひとり。大仰なアクション、芝居がかった台詞、そしてあの時代錯誤なファンションセンス…そのすべてがファントムそのものだった。

破滅型の典型である彼の最期は、誰もが予測していた通り、歪んだ愛情の対象であった小夜の血により、その命を落とす結果と成った訳だが、これでもう彼の「レッツ・ダンス♪」という迷台詞が聞けなく成るのかと思うと、残念で仕方なかったリアルタイム。今夜は彼を偲んで、ベトナムでの鐘楼バトルを観ようと思います。
| BLOOD+モエコレ | 00:00 | comments(8) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | -
コメント
おはようございます!soraさんvV

>HSカフェを読みながら…寝てました(ある意味幸せ)やっと手にする事ができて幸せなんです〜^^

おめでとうございます!たしかに「ある意味幸せ」ですねvV

>この回のdivaたん…ほんっとに気だるくて妖しくて美しいですよね〜カールが怯えるのもわかる気が…(笑)

ええ、もう辛抱堪らんくらい別嬪でした。作品中一二を争う美貌です。カールの「あわわ」具合は天的ツボです。

>そして逝ってしまったカールの結晶を前に「彼を見ていた僕がいた事も…」ちょっとBLくさくて妄想入ってました!リアルで!(笑)

や、天も其処は妄想入り捲くりでしたねッ!そして、カール再登場時のじゃれ合いは観ていて微笑ましかったです。

>でもカイの絆創膏発言にワイワイなっちゃっててBL妄想も吹っ飛んじゃいましたけどね(苦笑)

わはは、そんな事もありましたね。NYでお弁当買って来た時も、此処から良い所なのに〜!!!!!と地団駄踏みましたよ。彼が入って来なければ、デコチューぐらいは観れたかも?

>ドイツ編…興味ありますが続編はそこで決まりなんでしょうか〜監督が1人で描きたいな〜って…そういうレベルの段階なんでしょうかね〜

色々と難しい時世ではありますが、実現の暁には是非とも観てみたいですね。

>アニプレックスモバイルで動きがあったらそこで報告…なんてコメがあったのでしばらくは要チェックかな〜とちょっと楽しみにしてるんですけど…金髪碧眼ハジ!是非見てみたいv

「金髪碧眼ハジ」は天の淫らで純粋な妄想の産物ですが、ディーヴァサイドに接近する為には、これくらいしないと近付けませんよね?其処までハジを活躍させてくれればの話ですけどッ!

それではまたね〜vV
| 天@管理人 | 2007/07/01 8:35 AM |
こんばんは〜♪ 天さんv
HSカフェを読みながら…寝てました(ある意味幸せ)
やっと手にする事ができて幸せなんです〜^^

この回のdivaたん…ほんっとに気だるくて妖しくて美しいですよね〜
カールが怯えるのもわかる気が…(笑)
そして逝ってしまったカールの結晶を前に「彼を見ていた僕がいた事も…」
ちょっとBLくさくて妄想入ってました!リアルで!(笑)
でもカイの絆創膏発言にワイワイなっちゃっててBL妄想も吹っ飛んじゃいましたけどね(苦笑)

ドイツ編…興味ありますが続編はそこで決まりなんでしょうか〜
監督が1人で描きたいな〜って…そういうレベルの段階なんでしょうかね〜
アニプレックスモバイルで動きがあったらそこで報告…なんてコメがあったのでしばらくは要チェックかな〜とちょっと楽しみにしてるんですけど…
金髪碧眼ハジ!是非見てみたいv

では、お邪魔しました〜♪

| sora | 2007/07/01 4:27 AM |
再びこんばんは!マナミさんvV

>天様…金髪碧眼のハジ…描いてみませんか???(笑)

わはは、観たけりゃ自分で描けば良いんだよね?でも、自分のじゃ萌え尽きれないから、秀逸サイト様を巡るんだよな。

誰か描いてッ!!!!!ドイツ編ハジ(金髪碧眼擬態バージョン)

ではでは
| 天@管理人 | 2007/06/26 7:00 PM |
こんばんは!マナミさんvV

>きゃー!きゃー!きゃー!カァ〜〜〜〜〜〜ル(特大は〜ぁと♪)いいわ〜萌えるわ〜((o(>▽<)o))怯えるカールにどれだけ萌えたことか(笑)

「怖がらないで」と言われても、怖いものはやっぱり怖いよね?でも、あの怯えっぷりには萌えました。

>まさかディーヴァに喰われる(?)前にアンシェルやソロモンに喰われちゃったってことないよね???それも萌えるけど(笑)本当にカール大好きです(10の10乗くらい大好き♪)

わはは、そりゃやっちゃなんねぇ〜!!!!!ディーヴァたんがライオンなら、シュヴァリエはハイエナでッ!!!!!

>やっぱり、ハジの首筋もいいけど、カールの首筋もいいわ〜(笑)

今夜も萌え萌えね!マナミさんvV

>しかし、あの子供子供していたディーヴァの色気は、誰が
引き出したんでしょうねぇ。多分、生殖の実験としてアンシェルが喰っちゃったんでしょうけど…。

あはは、意外とディーヴァたんに喰われた口かもよ?

>アンシェルのお気に入りのソロモンも昔は、アンシェルに懐いてたんでしょうねぇ。まさか!喰われちゃったのかな?ソロモン...もしかして、これてってアンシェルのハーレム計画実施中だったのかな?

アンソロも悪くはないけど、天ならアンハジ希望ッ!!!!!(自爆)と、まあ冗談は置いといて、あの人はディーヴァたん一筋だから、ぶっちゃけ自分以外のシュヴァリエなんて要らなかったと思うのよ。己の手駒として動く者が欲しかっただけで、用が無くなったらアッサリ使い捨てれる様な…でも、ディーヴァたんはアンシェル以外にも興味を持ってしまった。それもよりによってショタ○ンかッ?!そりゃおじさんショックですよ。。。

>私もハジの金髪碧眼、思いっきり賛成です!!!(。^◇^。)ノ

観たいですよね?パツキンハジvV

それではまたね
| 天@管理人 | 2007/06/26 6:51 PM |
天様…金髪碧眼のハジ…描いてみませんか???(笑)

| マナミ | 2007/06/26 5:50 PM |
天様、天様・・・こんちはっ!

(挨拶も早々に オイ!笑)
きゃー!きゃー!きゃー!カァ〜〜〜〜〜〜ル(特大は〜ぁと♪)
いいわ〜萌えるわ〜((o(>▽<)o))
怯えるカールにどれだけ萌えたことか(笑)
まさかディーヴァに喰われる(?)前にアンシェルやソロモンに
喰われちゃったってことないよね???
それも萌えるけど(笑)
本当にカール大好きです(10の10乗くらい大好き♪)

やっぱり、ハジの首筋もいいけど、カールの首筋もいいわ〜(笑)
しかし、あの子供子供していたディーヴァの色気は、誰が
引き出したんでしょうねぇ。
多分、生殖の実験としてアンシェルが喰っちゃったんでしょうけど…。

アンシェルのお気に入りのソロモンも昔は、アンシェルに懐いてたんでしょうねぇ。
まさか!喰われちゃったのかな?ソロモン...
もしかして、これてってアンシェルのハーレム計画実施中だったのかな?

私もハジの金髪碧眼、思いっきり賛成です!!!(。^◇^。)ノ

| マナミ | 2007/06/26 5:49 PM |
こんばんは!疾風さんvV

>DIVA、滅茶苦茶綺麗〜☆『この妙齢の女性は誰?』と、この回を見た瞬間に思ったことを思い出します。

ですよねvV天は何時公式待受にこの画像が登場するのかと心待ちにしていた時期がありました。このお色気度堪りませんッ!!!!!

>アンシェル兄さんとソロモンの怪しさも全編を通して一二を争うぐらい大好きです。

そうそう、妖しさ爆発!でした。そしてアンシェルの下睫が異様に増量されていた事でも記憶に残る回でもありました。

>場面を青で統一したことがフルカラーにするよりもセピアにするよりも、ずっとDIVAの美しさを引き出したと思います。

その通りッ!!!!!全編通して色調に拘りを垣間見れる作品でしたね。

>「怖がらないで・・・君は選ばれたんだ」このときカールを黙って見つめるアンシェル兄さん好き(爆)

下心見え見えな感じがまた…彼らしいです。

>私も信じてます〜。ああ、でも黒いソロモンもすきだったりするから私も大概「度し難い(馬鹿)」です。

わはは、「度し難い」ですか…天はその言葉見ただけで「心乱れ」ちゃいます。

>私も見たいです〜。なにより、ボルマンがアンシェルの不況を買ってしまった出来事も見てみたい。

それ天も観たいです。

>ああ、その時代ロマは迫害の対象だったろうし、ハジの擬態・・・しないといけないんですよね。私は地下に潜り反○チのレジスタンスとして活動していたとぐらいしか思いつきませんでした。そうか、擬態ということもあり得るんだ。ものすごく見てみたいですね。

早く読みたいぞッ!!!!!って言うか、一足飛びに映像化してくれないかな?状態です。ハジの軍服姿もそそられるし、レジスタンスも萌えだッ!でも、小夜の女スパイ姿も観たいよね?

それではまた〜
| 天@管理人 | 2007/06/26 12:15 AM |
天さん、今晩は
DIVA、滅茶苦茶綺麗〜☆
『この妙齢の女性は誰?』
と、この回を見た瞬間に思ったことを思い出します。
アンシェル兄さんとソロモンの怪しさも全編を通して一二を争うぐらい大好きです。
場面を青で統一したことがフルカラーにするよりもセピアにするよりも、ずっとDIVAの美しさを引き出したと思います。
「怖がらないで・・・君は選ばれたんだ」
このときカールを黙って見つめるアンシェル兄さん好き(爆)
>彼とはそれなりの交友関係にあった様だが、腹黒狸のアンシェルは兎も角、ソロモンだけは最初からその心算でカールに近付いた訳ではなかったと信じたい。
私も信じてます〜。ああ、でも黒いソロモンもすきだったりするから私も大概「度し難い(馬鹿)」です。
>ドイツ編
私も見たいです〜。なにより、ボルマンがアンシェルの不況を買ってしまった出来事も見てみたい!
ああ、その時代ロマは迫害の対象だったろうし、ハジの擬態・・・しないといけないんですよね。私は地下に潜り反○チのレジスタンスとして活動していたとぐらいしか思いつきませんでした。そうか、擬態ということもあり得るんだ。ものすごく見てみたいですね。
それでは、長々とお邪魔いたしました〜。
| 疾風 | 2007/06/25 11:30 PM |
コメントする








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

この記事のトラックバックURL
http://2-t-e-n.jugem.jp/trackback/165
トラックバック